男性の更年期障害とは?

109209934

「更年期障害」と聞くと一般的には女性によく見られる症状だと思われています。私自身も自分が更年期障害であると診断される前までは女性特有の疾患だと思っていました。

しかし、男性の更年期障害に悩まされている患者はここ数年間で大幅に増加しているのです。

男性の更年期障害の症状

男性の更年期障害の症状は多岐に渡ります。例えば、毎日頭痛がする、気力が湧かない、微熱が続く、めまい、睡眠障害、イライラ、ED(勃起不全)、集中力の低下、記憶力の低下などがあります。

この他にもうつ症状が出る場合もあり、一つではなくいくつもの症状を合併しているケースも珍しくありません。

私はうつ症状が特に強く、落ち込みやすく気力が湧かなくなたことが最初でした。その後ED(勃起障害)や不眠などが重なり、朝起き上がることができず会社を休みがちになっていきました。

男性の更年期障害の年齢層

2656663282

男性の更年期障害を発症する世代としては40代、50代が圧倒的に多いです。40代、50代はいわゆる「更年期」であり、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が低下しホルモンバランスが崩れやすいため様々な症状が出始めるのです。

しかし、近年ではストレス社会と呼ばれるようにストレスを上手に発散することができず、溜め込んでしまう方が増えてきているため30代で発症することも珍しくありません。

私は更年期障害と診断されたのは30代前半でした。当時を振り返ってみると、朝から晩まで働き詰めで上司からのパワハラもあり、休みもなかったので体力的にも精神的にも限界に達していました。そしてついに倒れてしまい様々な検査をしたところ、過労によるうつ病と診断されました。

その後うつ病の治療を続けていく中で徐々に更年期障害の症状が出てきて、不眠や頭痛、ED(勃起障害)、記憶力の低下などが明確に現れるようになったのです。

男性の更年期障害は治るのか?

男性の更年期障害は多少時間がかかりますが、克服することは可能です。しかし、実際に病院で治療を受けている方はまだまだ少なく、「自分に対して甘えている、怠けている」と思い込み治療を受けていない方は大勢います。

男性の更年期障害に対する認知度がまだまだ低いので、我慢をして生活しどんどん症状が悪化するというケースが増えているのです。

しかし、男性の更年期障害はきちんと病院を受診し薬を服用することで症状を克服することができます。薬だけでなく、生活習慣、適度な運動を取り入れることで元の元気な身体に戻れるのです。

私は週に3日ほどランニングを取り入れていますが、30代~60代まで幅広いランナーを見かけます。健康志向の方が増えているということも言えますが、更年期障害を予防するためにも適度な運動は欠かせないのです。

更年期障害は早期に診察を受け早期に治療を開始すればそれだけ早く克服することができますので、更年期障害の症状が出ているようであれば、できるだけ早く専門医を受診しましょう。

 

次の記事

「男性の若年性更年期障害とは?」はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ