男性の更年期障害の原因

3341419492

男性の更年期障害はここ数年で広く認知されるようになりました。

これまで「更年期障害は女性特有の症状」と思われてきたので、男性が更年期障害の症状を訴えても原因不明とされ、「自分への甘え」や「怠け」と言われることも少なくありませんでした。

では、男性の更年期障害はどのようなことが原因なのでしょうか。

男性の更年期障害を発症する3つの原因

男性の更年期障害を発症する原因は大きく分けて3つあります。

  • 加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少
  • ストレスによる男性ホルモン(テストステロン)の減少
  • 運動不足による男性ホルモン(テストステロン)の減少

これらに共通することは、男性ホルモン(テストステロン)が減少することによって更年期障害の症状が発症しているということです。

加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少

更年期障害は一般的に40代から60代の患者数が圧倒的に多いのですが、その理由は高齢になるにつれて男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が少なくなるからです。

男性ホルモンは青年期は体内で大量に生成されているのですが、年齢を重ねるにつれて徐々に減少します。男性ホルモンのバランスが崩れることで、心身への症状が出始めるのです。

ストレスによる男性ホルモン(テストステロン)の減少

これは40代~60代と言わず、20代、30代でも最近では増えている傾向にあります。

ストレス社会と呼ばれる現代おいて、ストレスを溜め込んで解消できず結果としてうつ病などの精神的障害と頭痛や胃痛、微熱などの身体的障害が出てしまうのです。

若年性更年期障害という言葉があるように、これまでは加齢が更年期障害発症原因の第1位でしたが、ここ数年ではストレスがかなりの勢いで伸びてきているのです。

運動不足による男性ホルモン(テストステロン)の減少

更年期障害は男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少することで発症するのですが、男性ホルモンは加齢と共に減少していきます。

年齢には誰も逆らうことはできないので、これは致し方ないことでもあります。しかし、適度な運動を継続して行っている人は更年期障害になりにくいということをご存知ですか?

男性ホルモンであるテストステロンは運動をすることによって分泌されるので、適度な運動を取り入れている方は男性ホルモンが分泌されやすい身体になっているのです。

管理人の体験談

2485275493

私の場合は朝から晩まで仕事をしており、睡眠時間もほとんどなく適度な運動など取り入れる時間が全くないという暮らしをしてきたので、若くして更年期障害を発症しました。

更年期障害について調べていくうちに、自分が更年期障害になりやすいタイプであったことを知りました。圧倒的に男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が足りていないことが原因でした。

男性ホルモンは性欲とも密接な関係にあり、男性ホルモンが減少すると性欲も減退します。つまり、性欲が無くなっている場合は更年期障害になる可能性が高いので要注意なのです。

私は性欲はかなり減退してED(勃起不全)となり、勃起すること自体ができなくなった経験もあります。

バイアグラなどは効果があるのですが、根本的な原因を修正しない限り症状は良くならないと医師に言われ、生活習慣を見直し、食事も気をつけて適度な運動も取り入れるようにしました。

適度な運動を取り入れてからは徐々に性欲も戻ってきましたし、更年期障害の症状も落ち着いています。

私のように更年期障害やED(勃起不全)を患ってからでは元に戻すのは大変です。できるだけ早い段階で症状に気がつき、治療や予防をすることが大切です。

 

次の記事

「男性ホルモン「テストステロン」とは?」はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ