男性ホルモンが減少する理由

6190836868

男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が減少すると更年期障害の症状を発症するのですが、男性ホルモンはどのような理由で減少するのでしょうか。

男性ホルモンが減少する理由を知ることによって更年期障害の症状を予防したり改善することができるようになります。

一番の原因はストレス

男性ホルモンが減少する一番の理由は「ストレス」です。

年齢でも歳をとると20代をピークに徐々に男性ホルモンの分泌は減少します。しかし、年齢よりももっと男性ホルモンが減少する要素が「ストレス」なのです。

例えば、私の場合は30代前半で更年期障害の症状がでるようになりましたが、年齢的にはまだ男性ホルモンの分泌量も極端に下がることはないので、医師からはストレスが男性ホルモン減少の理由だと言われました。

私のように年齢は若くても過度なストレスを溜め込んでしまっていると更年期障害を発症するリスクが高まるのです。

タバコは男性ホルモンを減少させる

276127552

タバコは「百害あって一利無し」と言われるように健康面でも良い影響を与える要素は一切ありません。タバコを吸う人と吸わない人ではテストステロンの分泌量が変わってきます。

私は以前は1日1箱程度のタバコを吸っていたのですが、更年期障害の症状が出て医師からタバコをやめるように言われてから頑張って禁煙しました。

喫煙していた頃はできていなかった運動を禁煙してからのストレス発散のために取り入れたところ比較的簡単に更年期障害の症状が改善されました。

運動といっても30分程度のウォーキングやランニングを軽く汗ばむ程度にしているだけですが、タバコをやめてからは身体も軽くなり、疲れにくくなりました。

タバコを完全にやめるまでは辛い時期もありましたが、更年期障害の症状が改善されて行くのを実感することができたので、タバコを吸っている人は本数を減らすのではなく禁煙することをおすすめします。

管理人の体験談

私はストレスを溜め込みやすい性格でしたが、20代の頃はそれなりに若さで乗り切ることができていたのだと思います。しかし、30代になってからは疲れが溜まりやすくなり仕事漬けの毎日で運動など全く取り入れてきませんでした。

男性ホルモンは20代をピークに減少するといわれていますが、私自身が30代前半で更年期障害を発症したのでやはり30代以降は減少しているのだと思います。

男性ホルモンが減少する一番の理由はストレスですが、ストレスが溜まりにくいという性格の人ももちろんいます。そのような方は若くして更年期障害を発症するのではなく、年齢と共に男性ホルモンの分泌量が減ったことで更年期障害の症状が出ているのだと思います。

昨今の不況で私のように仕事漬けの毎日でストレスを発散することができていない場合は要注意です。

また基本的なことですが、生活習慣が乱れていたり、睡眠がしっかり取れておらず不規則な生活を送っていると男性ホルモンの分泌量は減少してしまいます。

規則正しい生活習慣と質の高い睡眠を実践し適度な運動を取り入れていきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ