テストステロンの長所と短所

7977172962

男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が減少することによって更年期障害の症状が出やすくなるのでが、このテストステロンにはどんな長所と短所があるのでしょうか。

テストステロンは睾丸と副腎から分泌され、男性としての機能を維持するために不可欠なホルモンです。

テストステロンに対して正しい知識を取り入れることで分泌量を増やすことができるようになります。

テストステロンの分泌量が多い男性の長所

テストステロンの分泌量が多い男性の長所としては、

  • 堂々としており、自信に満ちている
  • 闘争意欲が強く、自己主張もしっかりできる
  • たくましい身体と筋肉がある
  • 性欲が旺盛で、生殖能力も高い

などです。

あなたの周囲にもいると思いますが、「男らしい男」がこのタイプには多いのです。テストステロンの分泌量は男らしさにも現れますので、分泌量が多いとこのような長所があるのです。

テストステロンの分泌量が多い男性の短所

しかし、テストステロンの分泌量が多い男性が必ずしも良いとは限りません。長所があれば短所もあるのです。

具体的な短所としては

  • 浮気をしやすい
  • 反社会的な行為をしてしまう傾向にある
  • 孤独願望が強い
  • 落ち着きがなく物事の分別がつかないときがある

などです。

短所を見てみると長所の裏返しと捉えることができます。つまり、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が多い場合、力で物事をねじ伏せようとすることが多くなったり、1人の女性とではなく複数の女性を囲いたいという本能が強く出過ぎてしまうのです。

6979147876

テストステロンが少ない男性の長所

一方でテストステロンの分泌量が少ない男性は長所がないかというとそうではありません。更年期障害の症状が出やすいという特徴はあるものの、長所はあります。

具体的には

  • 倫理観が強く、浮気をしない
  • 平和主義で優しい
  • 社会的で人当たりもいい
  • 家庭的な面がある

などです。

「草食系男子」と言われることもありますが、このタイプの男性は優しさを武器としており、社会にとけ込みやすく誠実で人当たりが良い場合が多いです。

テストステロンが少ない男性の短所

テストステロンの分泌量が少ない男性の短所としては

  • 生殖能力が低い、優柔不断
  • 決断力がない
  • 男性的魅力に欠ける、身体が細い、筋肉量が少ない
  • 野望がない

などです。

性欲が薄いので、奥手と思われることもよくあります。また、自分の力で未来を切り開いていくというよりは、今ある道で頑張ると言った従順な側面を持っています。

このようにテストステロンの分泌量が多くても少なくてもそれぞれ長所と短所があるので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

しかし、更年期障害の症状が出やすいのはテストステロンの分泌量が少ないタイプですので、適度にテストステロンの分泌量を促す行動が必要になります。

テストステロンは規則正しい生活習慣と適度な運動、食生活の見直しなどで改善させることもできるので、まずはご自身の生活態度を見直していきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ