男性ホルモン「テストステロン」とは?

7188527

男性の更年期障害には男性ホルモンである「テストステロン」が大きく関与しています。

男性の更年期障害になりにくいタイプの人はこの「テストステロン」の分泌量が多く、男性としての機能を維持することができているのです。

テストステロン概要

テストステロンは睾丸と副腎から分泌されるホルモンで、簡単に言うと「男性であるために必要不可欠なホルモン」です。

このテストステロンは10代後半に分泌量が多くなり20代をピークに徐々に減少していきます。10代の頃に身体に変化が出てくるのは、このテストステロンが大きく影響しているためです。

例えば、体毛が濃くなったりヒゲが生えてきたり陰毛が生えてくる、骨格が太くなる、筋力が増えるなどは全てこのテストステロンが大きく関与しています。

女性でもテストステロンは分泌されているのですが、その量は圧倒的に少なく、男性の分泌量の20分の1程度といわれています。女性の場合は陰毛が生えることにほとんどのテストステロンが使われています。

テストステロンの分泌量によって違う

7188613

男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が多い人と少ない人では肉体や精神面で大きく違います。

まずテストステロンの分泌量が多い男性は堂々としており自信に満ちあふれ、たくましい体格と筋力を兼ね備え性欲も旺盛で生殖能力も高いです。

一方テストステロンの分泌量が少ない男性は、決断力に欠け生殖能力が低く性欲も薄い、身体の線が細く筋力も弱いという特徴があります。

つまりテストステロンの分泌量が多い男性ほど、男性としての機能が高く女性からも好かれやすいタイプといえるのです。

テストステロンは20代をピークに徐々に分泌量が減少していくので、40代や50代になると温厚な性格になるケースも多く、分泌量が減ってくることで「男性の更年期障害」を発症するのです。

テストステロンの分泌量が多いと女性にモテる?

結論から言うと、テストステロンの分泌量が多い人の方が圧倒的に女性にはモテます。

その理由は、テストステロンは女性を引きつけるホルモンであり、女性は本能的にテストステロンの分泌量が多い男性を好む傾向にあるからです。

女性が筋肉がある人やスポーツが得意、精神的に強いひとを好むのは女性の本能なのです。

しかし、この女性の本能も年齢と共に徐々に変化していきます。若い頃はテストステロンの分泌量がいかにも多そうな男性を好んでいたとしても、年齢を重ねるに連れてテストステロンの分泌量が少ない男性に惹かれる傾向があるのです。

テストステロンは男らしさを強めるホルモンですので、この男性ホルモンの分泌量が減らないように意識することが大切なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ