男性の更年期障害を感じやすい環境

5145292470

男性の更年期障害は近年では年代を問わず発症する患者が増えています。その中でも男性の更年期障害を発症しやすい環境と発症しにくい環境が少しずつ分かってきています。

私も男性の更年期障害を発症しましたが、今振り返ってみるとやはり発症しやすい環境にいたことは間違いありません。

男性の更年期障害を発症しやすい2つの原因

男性の更年期障害を発症する原因の一つは「加齢」です。これはある意味防ぎようがない部分でもあるのですが、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減少することによって発症します。

しかし、この「加齢」から発症する男性の更年期障害も、例えば適度な運動をしたり脂っこい食事を控えるだけでテストステロンの分泌量を増やすことで改善させることができます。

加齢による男性の更年期障害を防ぐためには「環境」を変えるのです。

また、男性の更年期障害を発症するもう一つの大きな原因としては「ストレス」があります。ストレスを感じやすい人は脳内の神経伝達物質の分泌量が低下することで憂うつな気分になったり、頭痛やめまいなどを感じやすくなります。

これはマウスを使った実験でも明らかになっているのですが、一匹のマウスにストレスを与え続けると血中のストレスホルモンの量が大幅に増えていたのです。

ストレスというのは、主に人間関係と職場環境、家庭環境から受けることが多いと思いますが、ストレスからの男性の更年期障害を防ぐためには、このストレスの元となる環境を改善することが重要です。

男性の更年期障害を改善する環境とは?

3851226754

男性の更年期障害を改善する環境は、自分が楽しめる空間を用意週に1度はその空間を利用してストレスを発散することです。

中でも私が実践して効果を感じたのは適度な運動です。

私はスポーツジムに毎週2回は行くようにしていますが、適度な運動をすることでストレスを発散できていることを感じています。

というのも、運動をし始めてから更年期障害の症状が徐々に緩和されていき、現在ではほとんど感じないくらいまでに克服できているからです。

ストレスを発散するには、自分が好きで、楽しくてしょうがないことをやるのが一番です。ただ、適度な運動は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を促す効果があるので、一番効果的な男性の更年期障害克服法です。

自分が好き、やりたい、楽しいと思える環境は夢中になっているうちにストレスが思っている以上に発散できているのです。

男性の更年期障害は「ストレス」を解消するだけでも症状を抑えることができるので、ぜひ自分がやっていて楽しい、好き、やりたいと思うことを見つけていきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ