男性の更年期障害と脱毛の関係性

287184663_100fc09c23_m

私は男性の更年期障害の症状が出始めた頃から、少しずつ髪の毛が抜けるようになっていきました。

もちろん元々髪の毛は自然のサイクルで生え変わるので抜けることはあるのですが、その抜ける量が徐々に増えていき、髪の毛全体のコシやハリもなくなった状態になりました。

髪の毛が抜けていくという症状も、男性の更年期障害の一つの特徴であるともいえるのです。

髪の毛が抜ける原因は

髪の毛が抜けてしまう最大の原因は、男性ホルモンが最も大きく影響するからです。

男性の更年期障害は男性ホルモンであるテストステロンが関係してくるのですが、このテストステロンが「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変換されることによって、髪の毛の成長を止めてしまうと考えられています。

実際にAGA(男性型脱毛症)で脱毛してしまった箇所を検査してみると、高濃度の「ジヒドロテストステロン」を確認することができます。

このジヒドロテストステロンによって、髪の毛のサイクルの中でいう成長期が極端に短命になってしまい、毛髪が成長しようとしているその以前に抜けてしまうと言われているのです。

つまり、男性の更年期障害になるとこのジヒドロテストステロンが髪の毛の成長をストップしてしまい、ヘアサイクルを狂わせてしまうので抜け毛が増えていくのです。

AGA(男性型脱毛症)は髪の生え際が額部分からだんだん高い位置になっていき、頭頂部が薄くなってしまうのが代表的な症状です。

私の場合は完全に頭頂部にまで達することはありませんでしたが、かなり額部分が広くなってしまったので、全て抜けてしまうのではないかとかなり焦りました。

男性の更年期障害による脱毛を防ぐためには

287184675_83716957c6_m

男性の更年期障害による脱毛を防ぐためには、男性脱毛薬の「プロペシア」を服用する薬物療法や、テストステロンを直接注射して補充するホルモン補充療法が一般的です。

男性の更年期障害の症状が出ていて、髪の毛が抜ける量が増えているようであれば、一度専門医の診察を受け、AGA専門のクリニックや男性の更年期障害を専門としているクリニックを受診すると良いでしょう。

髪の毛が生え変わるサイクルは一度崩れてしまうともとに戻すのが大変と言われています。そのため、できるだけ早く治療を開始し、症状が酷くなる前に対処することが重要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ