男性の更年期障害の治療の前に

Man reading book

男性の更年期障害の症状が出ているのであれば、まずは専門の心療内科などを受診することをお勧めしますが、その前に自分でもできる治療を行ってみませんか?

更年期障害の症状はすぐに解決する症状ではないので、じっくり時間をかけて少しずつ克服していくことになります。

その過程において、あなた自身でもできる対処はした方が症状が治まる時間が短くなります。

ストレスを軽減する

男性の更年期障害の原因として最も大きいのは「ストレス」です。

職場でのストレスや家庭でのストレスなど、現代においてストレスを感じない生活を送る方が難しいと言えるでしょう。

ストレスを感じていることが分かる時もありますが、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまっているということも珍しくありません。

病院に通院して治療を行う際にも、ストレスを軽減させるようにと医師から言われることがあります。そのため、自分でできるストレス解消法を見つけることも治療をするうえでとても大切なのです。

では、どのようにすればストレスを軽減させることができるのでしょうか。

自分でできるストレス解消法

66765975

私自身も効果を実感したストレス解消法は1日30分の運動習慣と1日1時間の「自分時間」を身につけることです。

ストレス解消に運動が良いと言うことは昔から言われていますが、1日30分だけでも良いので軽い運動を取り入れてみて下さい。

運動と言っても激しく身体を動かす必要はなく、ウォーキングだけでもOKです。身体を動かすことで男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えるので、男性の更年期障害にはとても効果があります。

また毎日1時間程度の自分時間(1人になって、精神を安定させる)ことを実践してみて下さい。この時間は基本的にはフリーの時間なので、本を読んだり映画を観たり1人で考えてみたりとリラックスできる時間を設けます。

こうすることで病院で診察を受けると同時に効果的なストレス解消法が身に付くので、男性の更年期障害を克服する時間がぐっと縮まります。

男性の更年期障害は病院へ通院したからと言ってすぐに解消される症状ではないので、自分とじっくり向き合って根気よく治療を継続することが大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ