男性の更年期障害の治療方法

3021193208

男性の更年期障害は徐々に認知度が世間でも広く認知されるようになりました。しかし、まだまだ本人ですら気がついていないケースも少なくありません。

一方で男性の更年期障害と気がついているが治療方法が分からず放置してしまっている方もいます。男性の更年期障害はきちんとした治療を行えば克服することができるのです。

男性の更年期障害の4つの治療法

男性の更年期障害を克服するためには、4つの主な治療法があります。

1、ホルモン補充療法

男性の更年期障害が発症する原因として男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が低下しているためです。

そこで、ホルモンを直接注射で注入することにより、ホルモンバランスが正常になっていくので結果的に男性の更年期障害の症状が治まっていくという治療法です。

2、抗うつ薬、精神安定剤などの薬の薬物療法

世間一般的に知られているのは、抗うつ薬や精神安定剤などを服用して症状を和らげる薬物療法です。薬物療法は心療内科などで処方してもらうことができ、継続的に服用し続けることで徐々に気持ちが落ち着いてきて男性の更年期障害の症状も和らいできます。

私は一番始めに心療内科を受診し、精神的不安から更年期障害を発症していると診断されたため、抗うつ薬と精神安定剤、睡眠導入剤を服用しました。

3、漢方による治療

2596610412

昔から漢方は身体のバランスを整えるために重要な要素が詰まっていると言われていますが、男性の更年期障害も例外ではなく、心を落ち着かせたり緊張から解放されるなどの効力があります。

男性の更年期障害の多くは、過度なストレスが原因ですが、漢方を服用することで症状は和らぎます。しかし、漢方も効果が出始めるまでに時間がかかると共に、服用し続けることが大切なので、じっくりと男性の更年期障害の症状と向き合って続けていくことが重要です。

4、ED(勃起不全)にはバイアグラ

4284844334

男性の更年期障害の中でED(勃起障害)という症状があります。この症状は性欲はあるのに勃起を維持することができない、途中で萎えてしまうなど性行為を満足に行えない状況になるのです。

こうなるとさらにストレスが溜まってしまい、更年期障害の症状を悪化させ、ひどくなると男性としての自信を喪失することから「うつ病」へと発展してしまう可能性があります。

この症状を治療する薬として最も有名なのはファイザー社が1998年に発表した「バイアグラ」です。私も実際にバイアグラを服用していますが、これまでの悩みが吹き飛くらい効果があるので、ED(勃起不全)に悩んでいる方にはおすすめです。

男性の更年期障害の治療法は一人ひとり違う

このように男性の更年期障害を克服するためには様々な手法があり、人によって症状が違うように治療法もまた一人ひとり違うのです。

大切なことはすぐに効果を感じられないといってやめてしまうのではなく、まずは1ヶ月~3ヶ月という長いスパンで症状を抑えることができているかを確認して下さい。

薬や漢方などは体質によっても効果が変わります。私も抗うつ薬をいくつか種類を変えて処方してもらい、やっと自分にあった薬を見つけることができました。

気になる症状や副作用は、できるだけ早く、細かく医師に相談することが男性の更年期障害を克服するうえで重要なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ