男性の更年期障害は完治するの?

5805435297

女性特有の症状と考えられていた「更年期障害」ですが、ストレス社会といわれる現代では男性でも更年期障害を発症する方は珍しくなく、現代では広く認知されるようになりました。

更年期障害の症状は人それぞれ違いますが、周囲が思っている以上に患者本人は深刻に受け止めています。更年期障害を一日でも早く克服したいと思う方にとって更年期障害が完治するのかは非常に興味があると思います。

更年期障害の完治とは

更年期障害の完治については、どの段階で完治したかを患者本人が決めることになります。

男性の更年期障害は男性ホルモンであるテストステロンが減少するために起こる症状なのですが、風邪などとは違い明確に完治したと感じるまでには時間がかかるからです。

私の場合は完治というよりは「寛解」を目指して治療をしていました。

つまり、更年期障害を完治させるには崩れているホルモンバランスが整うまでは完治とは言えませんが、更年期障害の症状があまりでない、気にならない程度まで回復させ上手に付き合っていくことを目指したのです。

男性の更年期障害の治療法として「ホルモン補充療法」などもありますが、私は薬物療法、食事療法、運動療法を実践して症状を抑えるようにしています。

男性の更年期障害は広く認知されるようになりましたが、それでもまだ医師の知識不足で更年期障害の症状が出ているにも関わらず治療法を間違えてしまうことがあるのです。

男性の更年期障害が治まる年齢は?

3903156830

一般的に男性の更年期障害が治まる年齢としては60代と言われています。しかし、これにも個人差があり、60代でもホルモンバランスが崩れていれば更年期障害の症状がでる場合ももちろんあります。

男性の更年期障害は「ストレス」とも密接な関係にありますが、ストレスを溜め込んでしまうような生活をしていると更年期障害の症状が悪化しいつまで経っても回復しないということがあるので、注意が必要です。

20代、30代で更年期障害の症状が出る「若年性更年期障害」の場合は規則正しい生活、食事、運動、睡眠がしっかりと守られていれば半年から1年くらいで回復することもあります。

若年性の更年期障害の場合は一過性のものでもあるので、早く完治することもあります。しかし、更年期障害を発症しやすい体質ではあるので、完治した後も継続して食事や運動、睡眠には十分に注意する必要があります。

男性の更年期障害は女性の更年期障害同様すぐに克服できるわけではありませんが、日常生活を見直すことで改善され「そういえば最近更年期障害の症状がでなくなったな」とある日気がつくようになります。

男性の更年期障害は完治というよりは寛解を目指し、いつの間に克服できていると思うようになるのが男性の更年期障害克服のプロセスです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男性の更年期障害Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ