男性の更年期障害を克服するための期間は?

4257136773

男性の更年期障害は完全に克服したと実感できるまでには時間がかかります。理由としては、風邪などとは違い、明確に症状が改善された日を特定することが難しいからです。

私は男性の更年期障害を患う前に「うつ病」を患っていたので、うつ病から男性の更年期障害の症状を発症しました。

では、一般的には男性の更年期障害はどの程度の期間で克服できるのでしょうか。

早くても6ヶ月

男性の更年期障害を克服する期間としては最短でも6ヶ月近くはかかると思います。

そもそも自分が男性の更年期障害であることに気がつくまでに時間がかかりますし、「気持ちの問題」として片付けてしまう方も少なくありません。

男性の更年期障害の症状を自覚する頃にはかなり症状が悪化しています。どんな病気でも同じですが、早期発見、早期治療が克服するまでの期間が短くなります。

私の場合はうつ病を患っていたので、気になる症状を心療内科の医師に相談している時に男性の更年期障害の症状であることを教えてもらいました。

うつ病の症状と男性の更年期障害の症状はよく似ているので、治療はうつ病と同じ薬物療法を取り入れました。

男性の更年期要害の症状は薬を服用するようになってから3ヶ月後くらいに少しずつ治まってきたように思います。

明確に治ったと感じたのは9ヶ月程度経った頃です。

どこまで治れば克服と見るか

8469694802

男性の更年期障害を克服したと実感できるのは人によって違います。症状も人それぞれ違うように、治ったという基準も人それぞれだからです。

私の場合は微熱、食欲不振、寝汗、睡眠障害、性欲の減退が元に戻った頃に克服できたと思えました。

それまでは薬を服用したり適度な運動を取り入れていましたが、一気に克服したというよりは、一歩一歩前に進んで結果的に9ヶ月程度で克服できたのだと思っています。

あなたがどのラインで男性の更年期障害を克服できたと実感できるのかは分かりませんが、薬の効果があらわれるまでは若干時間がかかるということを念頭に置いて、頑張り過ぎる目標を立てるのではなく、「気がついたら症状がでなくなっていた」というくらいの気持ちで治療を受けると良いです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男性の更年期障害Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ